必要以上の敬語は要らないが、少しは敬語を勉強して欲しい

敬語を正しく使う難しさは多くの人が感じるものだと思いますが、よく言われるのは正しく使う努力が大切だということです。

正しい言葉の表現というのは、人を敬う心遣いが言葉に現れれば、形だけの敬語よりもよっぽど相手に伝わるでしょう。

ただ、そうは言っても、自分の持つ敬意を相手に伝えるためには、それなりの知識や勉強は必要なのではないかと思ったりするんですよね。

先日、先輩が取引先に送ったメールのCCに私が含まれていたのですが、そのメールを見てそんなことを思ってしまいました。

というのも、敬語が明らかにおかしくて、読みながら「なんだこりゃ」と笑ってしまうようなレベルの文章だったのです。

相手に気を使って言葉を選んでいるのでしょうが、あのメールの内容では伝いたいことも伝わらず、こちらの醜聞を晒しているだけのような気がしてしまいます。

そして、メールの文面を通して思ったことは、必要以上の敬語的な表現というのは、文章で本当に伝えたい部分をぼかしてしまうということです。

でも、やはり敬語云々よりも、先輩の語彙力や国語力の低さに驚いてしまい、そして、こんなメールが送られたのかと思うと、恥ずかしい気持ちになってしまいました。https://www.epcb.co/entry2.html

必要以上の敬語は要らないが、少しは敬語を勉強して欲しい